新型コロナウィルス対策期間中のお願い事項。

(1)日本政府及び千葉県の新型コロナウィルス対策期間中の安房神社の境内においては参拝者の皆様のマスク着用をお願い致します。

(2)現在当社におきましても新型コロナウィルス感染症拡大防止、及び、いわゆる三密を避ける為、昇殿参拝を中止しておりますので、ご理解頂けます様お願い致します。


(3)対策期間中は、誠に申し訳ありませんが、物から人への感染防止の為、おみくじ、お水取り、手水舎の柄杓の使用を中止していますので、ご理解頂けます様お願い致します。


(4)対策期間中は、誠に申し訳ありませんが、御朱印はこちらで予め用意してある手書きの用紙をお配りさせて頂きます。御朱印帳はお受けできませんのでご了承願います。

(5)新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、新たな対策が急遽追加になる場合があります。ご不便をお掛けしてしまい誠に申し訳ありませんが、詳しくは直接当社までお問い合わせ下さい。

(6)さらに詳細は当サイト、トップページ右側の「新型コロナウィルス感染症拡大防止対策について」をご覧下さい。

● 社報のご案内
当社の最新18号の社報をネットでも閲覧できます。ホームページ表紙の右下にあるサブメニュー『安房神社社報しろたえ』の項目をクリックしてご覧下さい。安房神社の今後の予定や、滞りなく行われたお祭り、神道に関するミニ知識など。誰でも手軽に読めるようにしました。



● 通常は下記の通り祭事を行いますが、新型コロナウィルス対策期間中は、祭事の縮小、延期、或いは中止の可能性もありますので、詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

五月十日:『 下の宮祭 』
摂社の下の宮の例祭です。ご祭神は房総半島を開拓された天富命(アメノトミノミコト)と天忍日命(アメノオシヒノミコト)を祀っています。ちょうどこの頃は、境内全域が色鮮やかな新緑に包まれます。

五月上旬:『 御田植祭 』
その年の豊作を祈願し、大神に捧げる御米(みけ)の為に、稲苗を植えつける神事を行います。

五月二七日:『 海軍落下傘部隊慰霊祭 』
戦前の海軍落下傘部隊の戦没者を慰霊する祭典。

六月十日:『 厳島社祭 』
末社の厳島社の例祭です。ご祭神は宗像三女神の一柱、市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)を祀っています。

六月三十日:『 夏越しの大祓式 』
一年の半年を迎えるにあたり、人々が日常の中で知らず知らず犯してしまう罪や穢れを祓い清め、災厄を避けるための祓いを行う祭典。当日は茅野輪(ちのわ)が社務所前に用意されます。

七月十日:『 忌部塚祭 』
古代房総半島を開拓した忌部氏一族を祀る祭典。房総の発展・隆昌に御尽力された先人達の大功を偲び、報恩崇祖の誠を捧げます。





● 館山駅よりバスでお越しになる場合のご注意
館山駅の東口2番バス乗り場より『白浜行き』のバスをご利用下さい。朝は7:10から出ています。次は7:40、8:15・・・約1時間おきに出発しています。通常、安房神社前のバス停には20分ほどで到着しますが、お正月期間中は道路の混雑が予想されますので、お時間には余裕を持ってお出かけください。バス停から徒歩10分ほどで到着します。
バスの時刻表のお問い合わせは、JRバス関東館山支店 0470-22-6511

● お車でお越しになる場合のご注意
館山自動車道路の終点、富浦ICで降りて、館山バイパス(127号線)をそのまま直進すると410号線に変わります。コメリ大神宮店を過ぎて直ぐの道を左折し、そのまま直進したら、真っ白な鳥居が見えてきます。

詳しくは当ホームページの上部メニュー『交通案内』の項目をご覧下さい。参拝者の皆様のお越しをお待ちしています。