安房神社公式ホームページ トップページへ お問い合わせ リンク集 サイトマップ
  【安房神社公式サイト】事業繁栄・商売繁盛・七五三・安産祈願・厄祓い・千葉県館山市にある日本最古級の由緒有る神社です。  
 
ご祭神・ご由緒ご参拝・ご祈祷ご利益・授与品境内案内年中行事神前結婚式の紹介交通案内
 
宝物の紹介
■ 安房神社では、お二人の門出を祝い神前結婚式を行うことができます。


奇しく尊き御神縁によって結ばれる
お二人の新たな門出をお祝いし
明るく健全な新家庭を築かれますことを衷心より祈念致します。

当社での神前結婚式とは
 
当社は古事記の神話にも登場する『天太玉命』と『天比理刀当ス』の二柱の夫婦神をお祭りしています。

当社は祈祷殿などを使わず、直接に安房大神様の御神前の拝殿にて結婚式を執り行います。その拝殿は吾谷山の自然に囲まれたよき環境にあり、お二人にとって厳粛な気持ちで式を挙げられるものと思われます。
 
神前結婚式玉串料
 

50,000円

1. 和装・洋装どちらも可。婚礼衣装はお持込下さい。

2. 年末年始・七五三・例大祭等の当社祭日は不可。
 
 
注意事項


当社の神前結婚式は、式のみを行います。
披露宴・祝賀会会場などは一切御座いません。近隣のホテル、または料亭などをご利用下さい。

今までご利用頂いていた社務所は、文化財の関係上、原則利用禁止になりました。但し新郎新婦の着付けについては、ご相談下さい。

参列者の皆様は、最低でも挙式時間の30分前までに額殿にお集まり下さい。式次第を説明致します。

 

■ 安房神社における、神前結婚式の式次第とは。
参進
修祓の儀
神職の先導により、二列でゆっくりと拝殿まで進みます。これを参進(さんしん)といいます。

  開式の後、神職による祓詞を奏上し、新郎新婦と参列者の皆様をお祓い致します。これを修祓の儀(しゅばつのぎ)といいます。

(その1)
(その2)
 
祝詞奏上
 
誓盃の儀
神職が祝詞奏上(のりとそうじょう)をして、新郎新婦の結婚の奉告と祝福を祈念致します。
新郎新婦は神職より注がれる御神酒を大中小三つの杯で受け、三々九度の盃を酌み交わします。これにより大神様の御前において婚姻の誓いを固めます。これを誓盃の儀(せいはいのぎ)といいます。
(その3)
(その4)
 
指輪交換の儀
 
誓詞奏読
新郎新婦は神職より両者のそれぞれの指輪を受け取り、指輪の交換を行います。これを指輪交換の儀(ゆびわこうかんのぎ)といいます。

新郎新婦は神前に進み出て、結婚生活を始めるに際しての誓いの詞を奏上致します。これを誓詞奏読(せいしほうどく)といいます。

(その5)
(その6)
 
玉串奉奠
 
親族固めの盃
新郎新婦は玉串を神前に捧げます。これを玉串奉奠(たまぐしほうてん)といいます。新郎新婦の後は、媒酌人、親族代表もそれぞれ玉串を捧げます。参拝の作法は二礼、ニ拍手、一礼です。


斎主の発声で両家親族として盃を交わします。これを以てとり納めとなります。
(その7)
(その8)
         

  神前結婚式について何かご不明な点などが御座いましたら、遠慮なく当社までご連絡下さい。また見学も承っております。

  安房神社での神前結婚式のご相談・ご見学はこちら・・・ 電話 0470-28-0034  ファックス 0470-28-0438



  当社での神前結婚式について下記の式場とも提携していますので、お気軽にご相談下さい。

  ブレスアスオール Bless Us All 電話 03-5292-0880  ファックス 03-3208-0889

ブレスアスオール


▲このページの先頭へ


安房神社 〒294-0233 千葉県館山市大神宮589番地 TEL 0470-28-0034 FAX 0470-28-0438
Copyright(C) AWAJINJYA. All Rights Reserved.